Ronちゃんたろ ねこな日々

リアルな猫との暮らし、猫あるある、そして子育て。ズボラ主婦が綴ります。

自分のロゴを作りたい☆素人でもスマホで作成できる方法!!

TwitterやInstagram、LINE、ブログ…
色々な場面で自分を現すアイコンが必要になりますね。

どうせなら、自分のオリジナルのロゴを作って使いたい!!
でも専用のソフトやタブレットがない…。

大丈夫です!!

webデザインの知識やツールがない素人の私でもスマホを駆使して作ることができました!!


f:id:ronchantaro:20210130174311j:plain

自分ののロゴを作りたい


このブログのアイコンとヘッダー(タイトル部分の画像)は私の自作です。



ブログアイコンを作る方法はいくつかあります。

  • フリー素材を使う
  • ココナラなどを使って作成してもらう
  • 自作する

それぞれ自分に合った方法で作成する事が良いと思いますが、

私は自作にこだわりました。

自分のブログだから、自分でオリジナルのロゴを考えて使いたい!!
と思ったのです。

しかしデジタルでイラストを描くソフトやツールはありません。
あるのはスマホのみ。

ということで、スマホのみを使って自作ロゴを作成しました!

スマホのアプリを使ってロゴ作り!

今回使ったアプリは2つです。

  • CamScanner

CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ
CamScanner-スキャン、PDF 変換、翻訳 カメラ
開発元:INTSIG Information Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

  • ibisPaint X

アイビスペイントX
アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

CamScannerで画像読み込み

CamScannerは手書きの絵や文字をスマホで撮影するだけでスキャンしてデジタル化できるアプリです。


まず、紙に手書きでロゴを描きます。

このブログのタイトル「Ronちゃんたろ ねこな日々」のRonの文字を猫っぽくデザインしました。

このとき、なるべく
大きめ

線はしっかりと濃く
描く事が後の仕上がりを良くします。


次に、CamScannerを使って、先程描いたロゴをスキャンします。

f:id:ronchantaro:20210129131954j:plain

このような感じで撮影できるので、余分な部分はトリミングして読み込みます。

f:id:ronchantaro:20210129132134j:plain

すると、デジタル化した画像を作成できます。
これを保存します。

ibisPaint Xで修正・編集

次に、ibisPaint Xを使います。

ibisPaint Xは、フォトショップのような感覚で使えるアプリです。

フォトショを使ったことがある人なら簡単に使いこなせると思います!
私は学生の頃にちょろっと使ったことがある程度なので、使いこなすのに時間がかかりました。汗
ですが、慣れるとかなり便利なアプリだと思います。


ibisPaint Xを使って、先程CamScannerで取り込んだ画像を修正・編集していきます。

まずは、ロゴの原型を作ります。

トップからマイギャラリーを開きます。

f:id:ronchantaro:20210130170509j:plain


ページ下のを押し、新規作成します。

f:id:ronchantaro:20210130170547j:plain


このとき、作成する画像のサイズを選択できるのですが、まずはロゴの原型となるものを作りたいので1:1サイズを選びます。

f:id:ronchantaro:20210130170603j:plain


なぜ1:1を選ぶかというと、ほとんどのメディアのアイコンは正方形のものが多いので、ここで正方形で作成しておくと、後々の編集がしやすいからです。


画面右下のアイコンをタッチしてレイヤーを開きます。

f:id:ronchantaro:20210130170626j:plain


カメラのアイコンを押して画像読み込みをします。
ここで、先程CamScannerを使って保存した画像を読み込みます。

f:id:ronchantaro:20210130170702j:plain



こんな感じでかなり大きく表示されるので、画面に合わせて縮小します。

f:id:ronchantaro:20210130170719j:plain



線画抽出と出るので、OKを押します。

f:id:ronchantaro:20210130170741j:plain


CamScannerで読み込んだ時に残ってしまった余分な線や、かすれた部分を補修します。

f:id:ronchantaro:20210130170804j:plain


かすれた部分はペンで補修します。

ペンの太さを調整して、拡大しながら作業するとやりやすいです。

余分な線は、左下の消しゴムのアイコンをタッチして消しゴムに切り替えて消します。

f:id:ronchantaro:20210130170828j:plain


こんな感じでスッキリしました。

f:id:ronchantaro:20210130170848j:plain



画面右下のアイコンをタッチしてレイヤーを開きます。

印の部分をタッチして、レイヤーを透明にします。

f:id:ronchantaro:20210130170927j:plain



これで背景が透明になったので、作成したロゴを別の画像に重ねた時にロゴの文字だけに色がつくようになります。


ロゴに色をつける場合は、塗りつぶしなどを使って色をつけます。

f:id:ronchantaro:20210130171012j:plain


このような感じでロゴの原型が完成しました。
右下のをタッチして保存します。

f:id:ronchantaro:20210130171033j:plain


この時はアプリ内でしか保存されていないので、マイギャラリーに戻り、下のアイコンをタッチしてスマホ内に保存しておきます。

f:id:ronchantaro:20210130171053j:plain



これで完了です。
後は、作成したロゴの原型を使ってアイコンやヘッダーなどを作ります。


ロゴの原型を使ってアイコンを作る

ibisPaint Xのマイギャラリーを開き、先程作成したロゴを選択し、画面下をタッチして作品を複製を選びます。
そして、複製を編集します。

f:id:ronchantaro:20210130171113j:plain



複製せずに編集してしまうと、上書き保存されてしまいます。原型は何かと使うため、なるべく上書き保存しないほうが良いです。

背景の色をつけたり、テキストを挿入してりして自分好みに編集します。


こちらが完成したブログのアイコンです。

f:id:ronchantaro:20210130164348j:plain


ブログやTwitterのヘッダーは横長な画像なので、新規作成の画面で作りたい画像のサイズを決めます。

このブログのヘッダーは、ねこの文字も自作して組み合わせて作りました。

f:id:ronchantaro:20210130164722j:plain


Twitterのヘッダー

f:id:ronchantaro:20210130164804j:plain


ibisPaint XでTwitterのアイコンも作りました。
こちらはスマホで撮影した画像を読み込んで使っています。

f:id:ronchantaro:20210130164920j:plain


さいごに

以上、素人がスマホでロゴを自作してみた方法を説明しました。
もしかしたら、もっと簡単に出来る方法やアプリがあるのかも知れませんが、私はこの方法で作成しています。

スマホだけでもそれなりに作成する事が出来ます。

自分でロゴを作りたい!

と思っている人は試してみて下さい。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。


\普段は猫の記事を書いています!/

www.ronta-neko.com


www.ronta-neko.com